HOME>イチオシ情報>自転車での人身事故が増加していることから加入増の傾向

自転車事故が急増している

男性

最近、自動車運転中に起きているのが一種の嫌がらせでもある、あおり運転からの被害です。また一方では歩行者が非常に迷惑しているのが自転車の乱暴運転で、警察による取り締まりも厳しくなって来たのですが、まだまだ非常識な人が多くいます。特に若い人に見られるのが、自転車に乗りながらのスマホを見ることや、イヤホーンを付けて音楽を聴くことです。運転に集中出来ないばかりか前方不注意も多く、歩行者との事故も絶えていないのも現状となっています。また自転車に乗っている人が悪くない場合もあり、歩行者側にも責任がある事故が増えているのも事実です。万が一、事故を起こしてしまった時でも自転車保険に入っておくことで、病院などの治療費にも安心出来ることになります。

自転車事故以外にも利用出来る良さ

相談

自転車に乗っていて事故を起こしてしまった時に使えるのが、自転車保険です。この自転車保険は、個人賠償責任補償と傷害補償などが付いた保険で、自転車に乗っていて起きた事故だけでなく、他の事故の時にも利用出来る便利な保険となっています。子供が誤って他の家の窓を割ってしまった、飼い犬が他の人に噛みついてしまったなどの事故にも対応出来る損害保険となっており、利用価値の大きな保険と言って良いことになります。傷害補償には、入院保険、入院一時金、通院保険、死亡保険などもあり、万が一のためには最適な保険となっています。

示談の代行サービスも

自転車

また自転車保険の嬉しいことは、示談代行も行ってくれることです。自転車に乗っている最中に事故を起こしてしまった時には、自動車事故とは違い当事者同士での話し合いが一般的なことになります。この場合、話合いが上手くいかず示談交渉がなかなかまとまらないと言ったケースが多くなっています。特に大きなケガをした時の示談金などは、両者において揉めることが多く、トラブルに発展することも考えられます。そんな時、示談代行サービス付きの自転車保険に入っているならば、示談の専門家が当事者に変わっって交渉をすすめてくれることになる良さがあります。

広告募集中